ママアース* キゴコロ日記

樹にかこまれ、木とふれあうくらしの日記です。

キゴコロ日記

かたむき・かたより

地球の軸は傾いていて だからいろいろと面白いこと、困ること… いつも同じではない いろいろことが起こります。 年輪の真ん中がど真ん中にないことに いつも何やらほっとさせられます。 以前、リスのお母さんが 窓から覗いていたイヌマキの木 伐る、というひ…

ひこばえの使い道は?

お久しぶりです。 落葉樹の葉が落ち、空がどんどん広くなる季節です。 先日切った、さくらのひこばえ、まっすぐな素直な枝・・・ なるべくせっかちに切らないよう というのは、樹が高すぎて、近くで花を見られず ひこばえが目の高さくらいまでに育つと 目の…

草たちのしごと

まだ木が生えない火山灰の大地 ススキ野原に 野紺菊の小さなお花畑です。 こんなところにいきなり 木が種を根付かせることは出来ず 草たちが時間をかけて 土を育んでいます。 ちょっとしたくぼ地には こんな群生も… 素朴な野の花が主役のフィールドだけれど …

火をひめた山にて。

撮りたかった この感じ 晴れたらまた。

大地の再生講座のすすめ

植物さんたちには気の毒なことで 夏草の勢いは 草刈りのあとの腰痛とセットで嫌われますよね。 そんなことにしちゃったのは 人間たちの都合不都合と ちょっとした勘違いのおかげ・・・かも・・・? そんな風に思います。 お借りしてる広い庭が道路に接してい…

小さな友だち

ご無沙汰しておりました。 久々投稿です。 瀕死だったミニバラ どうにか復活して秋口に二輪咲いてくれました。 長いお付き合い。 何年になるかなあ? 名前、レッドシンフォニーといいます。 毎年変わらぬ色で咲いてくれています。

「木々との対話」展

www.tobikan.jp 行ってきました。 触れられないのが残念だったけど 作品の繊細さを思えば無理もありませんよね。 動物彫刻の目は水晶などの石がはめ込まれ 魅せられます。 植物を彫りだした作品は、ほ?ほんとに木???という 驚きの、しかも、作品はそれぞ…

捨てられない。。。

捨てられない細かな木が 使い方、生かし方を教えてくれるので 前から欲しかった カードスタンドができたよ(^^) 三枚引きの三枚が収まる ちょうどいい溝幅だし(^^V 嬉しい♪

遊ぶ

エンジェルカードとか オラクルカードとかで 遊ぶというカードが出ると ただただ困るわたしだったんですが 今は 樹や木に遊んでもらうのが 遊びで、巻き込まれて一緒に 遊んでくれる人がいるって それも嬉しいです(^^) 樹も木も、喜んでくれてると 思うんで…

持ち手

これはワインクーラーのバケツ型のもの お気に入りの品なのだけど 持ち手が木だっていうのが ポイント高いです。 なんでもなさげに居てくれる木の存在感 いいです。

道具との再会は、使ってのこと。

長い間、よその物置に預かってもらっていた丸のみを 引き取って来て、使わないまま また何年置いてただろうか? 再会したときは嬉しかったけど その時は木を彫るモードじゃなくて… いちばん下に これまで掘った一番小さなキゴコロさんがあるんだけれど こん…

クモさんにお願い。

脱いだ服を壁に放置したままっての やめていただけませんか? 脱皮と言うライフイベントが あなたにとって とても大切な時だということ 理解しているつもりです。 お片づけの代行も いつもゴキブリ退治を していただいているお礼に 喜んでさせていただきます…

母の癒し

地球の癒しは母の癒し 親子の絆を呪うのは 時代的に進化してるはずの 子どもの方からやめる、やめたつもりでいる。 呪うってね わら人形とか 呪いのお札とか? そんな怪しいんでなくても うちの毒親は とかいいうやつ、言葉だけで十分な呪い こもる怨念だと…

大きなキゴコロ、ゴロゴロ

これまでのサイズ感を大幅にアップする 最大サイズのキゴコロ! 途中何度かやめようかな? 指もつかな? と、ほかのものに作り変える余地がないかと 考えてしまう太さです。 太いだけじゃなく 1メートルくらいある枝分かれのある枝 膝の上でゴロゴロ転がし取…

地球の癒し

と、かなり大きくでました。 いかしいかされあう 喜びが響き合うこと。 思わぬことで誰かに喜ばれたりすると すごく嬉しいです。 地球も私たちを喜ばせようとして あれこれしてくれてるんでなくて ただ、ひとつの星として 地球は地球で生きていて 私はそこに…

樹に色氣を感じる・・・

抱き合っているようでもあり 取っ組み合っているようでもある二本の樹 風でこすれあっている面は 樹皮はなく、木地がむき出しです。 長年寄り添って、微妙なアングルの絡みに 色っぽいなーと感じる私は だいぶ植物人間化してるのでしょうか? 厚い皮で本音を…

とらわれ

われがわれがと キゴコロ知り合うのに とらわれがじゃまになる オレが、あいつが・・・ お前はいつも、とか あの時こうだったから、とか 糸紡ぎは 思い込みの綿ぼこりいっぱいの モヤモヤしたところから 一本の糸を引きだしていく仕事 とらがぐるぐる 溶けて…

太古を感じ…

溶岩の上 原始的な道具は こんな景色が似合う様です。

キゴコロ仲間

昨日、初めておじゃましたお宅で 手づくりが好きだという話から つつじがいい、と 意気投合し 見せていたのは ツツジで付け直した その方愛用の包丁の柄 もう1つ大きなのは 個性的な樹皮 探してみよう。 そそられます。 樹々は 私たちの暮らしの周りに根付…

手慣れた道具

道具にはたいてい 持つための柄があって そこに 樹が年月重ねた 年輪に続くように 木になり 材になり 柄になって 人とともに働き 人と道具が 絵になるような 慣れた道具が 使いこなされている 景色になる 慣れるって 心が立って貫かれている 何に貫かれて 営…

桜の樹の下で

これはいまさっき 同じ桜の樹の下 同じ時の同時進行のシーンです。 動かない蝶たちは 上手に花にかくれてた 花蜘蛛のご飯になっています。 花を束ねたうすごろも まだ柔らかい蝉の翅によく似て 。 夕方、桜の樹の下で。

ひとつからふたつ

つながっていたから つながっていたのを おぼえているから 離れていても大事に思うんだ。 離れても つながっているし ふと想いだすこと 思い返して想うこと 想いあうことが絆なのよね きっと。 露草 見慣れてるようでいて しっかり見た事がなかった。 よく見…

続き・そして旅立ち

枝分かれから ハートが「独立」するときは まだ、いつも 大袈裟にドキドキします。 で、似たような写真が増える 残りの枝 描けない七面色鉛筆(^^) 虹の七色だよ〜 さて 受け取ってくださる人を想い 糸を選んで編み編み 色の選定、ヒットです(^^) また来てね…

キゴコロめぐる

こんなように 木の枝分かれから発見された「キゴコロ」は とあるイベントに連れ出したところ その場で自己紹介バトンに変身(笑!! 40数人の手のぬくもり 自分を語る声を聴き、と とても幸せな枝として 手元にいったん戻ってきました。 よかったね、おかえ…

ツルの話

夏のツルたちの勢いといったら 一本外させてもらうだけで 藪は凄い変化です。 風が通る。 ツルの話、ツルの恩返し みたいな話でなくて mamaearth.hatenadiary.jp この投稿の続きです。 無造作に枝と一緒に切ってしまってごめんなさい。 これは使った枝とツル…

暮らしの中のヒーリングワンド

ヒーリングワンドと言う ヒーリングツールがあります。 以前そんなところ目指して作った ワンドの投稿はこちら mamaearth.hatenadiary.jp ヒーリングツールとしての 使い方があります。 で、スピンドルや紡ぎ棒は 暮らしの中のヒーリングツールだと思うんで…

お土産の次は配り物

星 磨いて 光らせて お渡しは明日です。 お次は ささやかな 配り物のしたくです。

祝(^^)1ヶ月継続!

とどきました! 待ちに待った本です。 アマゾンでは売っていない 私の心の故郷のようなところから あった事がない 本の係のお母さんから 送っていただいた本です。 minamisawa-steiner.wix.com この幼稚園に通う子どものお母さんだったころの 手作りの通信の…

お土産に土地の木工品

なんだかすごく べったりしたタイトルです。 去年の夏にイベントをした 当地出身の若者を中心にしたグループが 今年また、しかもファイルとして 夏イベントをすると言うので お土産を用意しています。 「お土産」 土が産むと書く 土地の木のものは お土産に…

鍛えられています。

リスにかじられ傷だらけ。 でも、椿は枯れません。 ひとまわりぐるりと 面で剥かれる木がありますが 樹皮の下が甘みがあって 美味しいみたいです。 その場合は導管が断たれるので 枯れてしまいます。 椿のシマシマは 鍛えられて免疫力高まった たくましいす…