ママアース* キゴコロ日記

樹にかこまれ、木とふれあうくらしの日記です。

手慣れた道具

f:id:mamaearth:20160724083823j:image

 

道具にはたいてい

持つための柄があって

 

そこに

樹が年月重ねた

年輪に続くように

 

木になり

材になり

柄になって

人とともに働き

 

人と道具が

絵になるような

慣れた道具が

使いこなされている

景色になる

 

慣れるって

心が立って貫かれている

 

何に貫かれて

営みの道や

道具を定めるんだろう…

 

f:id:mamaearth:20160724084721j:image

f:id:mamaearth:20160724084733j:image

こころの芯には

最初っから

何かあるのかもしれない。

 

手にはあまり持ちすぎず

心のうちは

あまり肥やし過ぎずに

削いだり磨いたりしていたら

 

何か見えてくるんだろうか?