読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママアース* キゴコロ日記

樹にかこまれ、木とふれあうくらしの日記です。

母の癒し

地球の癒しは母の癒し

親子の絆を呪うのは

 

時代的に進化してるはずの

子どもの方からやめる、やめたつもりでいる。

 

呪うってね

わら人形とか

呪いのお札とか?

そんな怪しいんでなくても

 

うちの毒親は

とかいいうやつ、言葉だけで十分な呪い

こもる怨念だと思う。

 

互いに呪うの卒業できれば

次世代を想いやる目線が生まれるものですよ、きっと。

いま姿勢としてどうにか

身につけている最中

必ず身につく

そう思って暮らしてる。

 

 

親世代のちょっと上の

戦争を経験した世代の方から

世代の責任っていうフレーズを聴いて

ドキッとしました。

 

じゃあ、私の世代の責任は?

 

戦後

高度成長期がくれたものや

そのおかげでこわれたもの

客観的に見ながら

 

無責任世代の親世代に

下から目線にも上から目線にもならずに

 

伝わりそうなところ目がけ

伝えたいことをこころから伝える

そんなことかなと

母になった自分をみずから癒しながら

 

すると

子どもの自分、赤ちゃんの自分も

癒され始めました。

 

その過程の節目節目に、樹々や木々

そして動物たちの存在があります。

 

肉体のお母さんは通り道で

すべての地球人のお母さんは

 

ママアース…

地球ですよ。

 

通り道といえど

その通り道になるということが

時に命懸けで

喜怒哀楽を生みながら膨らむおなか

そしていよいよ産みの時には

 

産み落とすんですね。 

一旦手放して

ママアースに受け止めてもらうんですね。

 

そして、手元に戻ってくる

授かりものではないかも。

 

 子どもたちは

地球からの預かりもの。

 

私たちが自分のものと思って

ぞんざいに使うからだだって

あずかりものかもしれない。

 

きれいに使って、堂々土にお返ししたいけれど

今のままだと土にはあんまりおいしくないみたいで

おかあさん、ごめんなさい。。。

 

あなたの遺体はちゃんと腐りますか? | ローフード ダイエットで超健康体になろう!!

 

スーパーネイチャーの

ワトソン氏のおばあちゃまが

ご主人の願う野生の弔いを実行しようという

ストーリーが素晴らしくて…

 

こんなスーパーおばあちゃまのもとから

スーパーな孫へのつながり

何とも納得です。

 

いのちの教室

いのちの教室

 

 

お墓なんていらない、と、すでに子どもたちに言ってある私と

 

同じ墓に入っている身内

義母、義弟を嫌いながら

旦那さんと同じお墓に入りたいといい

だけど

他家の婿に入った弟に

きちんと話をつけてといっても

それはしないんですね。

逝ったあとは任せるから

そんなつもりでいるから

きっとボケるんです。

 

まずしたのは

嫁ぎ先の身内を嫌いながらも

あくまで実家のお嬢さんでいようとする母に

それがどれだけ、私を狭い植木鉢に閉じ込め

鉢の中の土を腐らせたかを

あの手この手で教えることでした。

 

愚痴ではなくて、今も日々積み重ねている

前向きな事実です、はい。

 

癒しって、一時の気持ちよさに

ごまかし笑いでなくてね

目を合わせ、こころから笑いあえることだと思うから。

 

しょっちゅうカギをなくしては

誰かに取られた系の

反応をする母だったので

 

そばにいる唯一のその人の娘としては

 

ボケませんように、でなく

ますますすこやかに

キゴコロ分かり合えますようにって

 

かさばり、音がして

母の好きな色の袋に入った

キゴコロキーホルダー

 

君にはとっても助かっています。

期待以上です。いつもありがとう。

 

f:id:mamaearth:20160720085318j:plain