読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ママアース* キゴコロ日記

樹にかこまれ、木とふれあうくらしの日記です。

お手伝い

お世話になっているかたの ブログ画像作りを お手伝いしてきました。 コルクボードのイメージの おすすめをしたら シダがどうとかおっしゃって よく伺うと、なるほど そのお宅にいながら しまってあった きれいなおし葉のシダの葉っぱと 美しいフローリング…

いただきもの新ジャンル

基本、いただき物の木でつくる 枝の木工に 新ジャンルを発見。 流木(^^) です! とはいえ 流木を切ったり削ったり と言うことは、これまで 考えたことがなかったです。 流木はそのままで 単体の、自然の造形物、造形美 と言う感じさえするから。 海も山も す…

ランタナ、山帰来

庭の入り口に 共生してました。 山帰来の下に進出して どんどん生息地拡大中のランタナちゃん。 きれいに丸く咲きそろう前の顔つきが お茶目な感じですきなんです。 ランタナ、山帰来、とげとげ仲間です。 以前、紡ぎ棒を彫った山帰来の ごつい枝の使い道を …

オオバヤシャブシ

オオバヤシャブシがとても削りやすくて 形もしっかり仕上がるのがわかり 枯れ枝をたくさんいただいてきました。 木についたまま枯れたものは 幹からの生え際でぽきっと折れるので せっかく持ち出したのこぎりも出番なし。 枯れ枝でなく 風で折れた、まだ葉が…

磨く

ツバキの紡ぎ棒 乾いたので磨いてみる。 残念ながら ヒビが入ってしまったけど 雨の満月に勢いでつくった なんの勢いかといったら ひらめきの勢い 初めての 金具のない紡ぎ棒 使うに差し障りなく というか、十分に使えています。 だけど、皮むいて一日待つと…

枝の中でも 特別な存在だ、と思ったのは 果実の軸 例えば林檎なら 五弁の花の相似形 実のなかにも五弁の花が咲くように 種を収めているのは 林檎を輪切りにしたらわかること 地球色の林檎ちゃん 今ついている枝は 軸ではなく、何かの小枝だけど 軸は、その一…

枝の中からホネ

皮をむいてしまってあった アカメガシワの枝 むいた時にはきづかなかった。 しぇびこの 材を固定する 大事なところに使った残りです。 だけど 小さなものの固定には 滑りやすい。 細いけどしっかりしてる 「ホネがある」けど残念 取り替えても無駄にしないよ…

いただきます。

いただきます。 通りすがりに。 こんな風に折れていたら 見た感じいたいたしいし 片付ける、ってんでなしに ありがたくいただきます。 樹はハンノキ 紡ぎ棒に向いた 削りやすさ、しなやかさがある 好きな樹です。 葉脈がくっきりした 葉っぱの表情も好き。 …

編んでみた。

しぇびこのおかげで (しぇびこについては昨日の投稿で) mamaearth.hatenadiary.jp 刃物を扱う力が少なくて済み 指の柔らかさが保てます。 彫った紡ぎ棒で紡いだ糸 まだ磨き足りてない棒から 糸を外すのを兼ねて 綿麻のガラ紡の糸と合わせて 編んでみました…

しぇびこ1号

昨日完成したのはコレ 削り馬 英語では シェービングホースといい 足のペダルで削る材が 楽に固定出来たり 向きを変えたりも簡単に出来る 初めて作って 実際に使ってみて わあい! すごいすごい、な代物です。 お尻のところが狭くて どっちかにずれてしまう…

廃材天国ごっこ

古い家具をリメイクする。 廃材天国さんの真似、というか?いや及びもつかないけど。 haizaitengoku.com ↑あこがれの地です。 今作ろうとしてるものに関しては うちにあるものだけで 出来そうで(^^) 椅子のようなものは 商船大学の払い下げ品で ソロバン教室…

山帰来、紡ぎ棒

山帰来の枝で 紡ぎ棒を彫りました。 右の3本です。 硬いけど 真ん中3本のケヤキみたいに あと少しの所でぽきっと あー形状変更! みたいなことがない 粘り強さは さすがツル植物です。 落ちていた伐採枝を見つけた時 何の枝かわかりませんでしたが 心ひか…

「せずおら」いいね!

hirocsakai.hateblo.jp ネバはご迷惑、と思います。 「せずおら」いいですね! キゴコロも、私にとっては いくつかの「せずおら」のひとつです。 人だけですることはどうしても狭い。 トーキングストーンや、トーキングスティックなど ネイティブの人たちが…

樹と程遠いけれど。

名前の知らない 球根の花が花ざかりです。 多くの草は 伸びて硬くなった茎が 樹を思わせるけれど この茎はというと 薄いホースのようなくだで しかもまっすぐ立っていて 手折るときには ぽっ と、いい音がします。 一輪、濃い色の花 去年と同じ場所で咲きま…

紡ぎ棒の真ん中から思うこと

こちらの記事に 紡ぎ棒のことを書いたのですが この時点では フック金具のついた紡ぎ棒で mamaearth.hatenadiary.jp 金具なしで作ってみたくなって こうなりました。 頭でいろいろと考えてつくると右なんですが 初めは回転の中心がとんがってたんですね。 枝…

キゴコロ_「詩を投稿する」

ブログチャレンジの中級の、です(^^ 改まって、詩としては 文章を書くことないんですが しっぽいものが浮かんで ノートに書いていたりすることはありました。 そんな少し前のつぶやきを思い返して。。。 ・・・・・・ キゴコロ だれかをおもい だれかをお…

いろうつりかわる

まだ生木の枝で彫った 初めての 金具なしの紡ぎ棒は 彫る最中はしっとりどころか かなり濡れていた。 満月のすぐ後の 樹がたっぷり水を吸い上げた みずみずしい枝 乾きながら いろうつりかわる グレイッシュなグリーンが 赤味帯びて 濃い茶に落ち着く さて、…

紡ぎのアイテム増えました。

綿うちの弓を作りたくて よさげな枝を曲げたら >_< ポキッ… で、折れた枝から この、左側の 不思議な形の紡ぎ棒が出来て これが1番紡ぎやすいです。 で、弓は先送り 10年近く引き出しで眠っていた 竹ヒゴを思い出し 10本入りの6本が残っていた。 一本の枝…

雨が好きなかた。。。

少し前に作ったんですが あの、ツツジの枝です。 カタツムリのツノみたいに 小さな枝分かれがあるから 彫ってみました。 虹色の貝 しましまの貝 海のお土産屋さんの セットに入ってた貝です。 本物の殻が落ちてました。 やっぱりこれが1番(*^o^*)

紡ぎ棒はヒーリングワンド

桜の赤みのあるピカピカした樹皮のは 20年くらい前に作ったもの www.tenkachisei.jp 笹岡かおりさんに 子どもがこちらの幼稚園に在園中に教えていただいて とてもきにいって、バザーでワークショップを担当しました。 その後も時折、ちょっとずつ紡いでいま…

生きている枝

つつじ祭りというイベントに行ったのは先月かな? 帰りにツツジの茂みを横切ると 足に引っかかった枝がありました。 根元でほとんど折れて その樹のほかの部分は葉も花もついていたけれど 枯れかかった枝なんだな、と拾って帰りました。 緑の葉はほんのちょ…

グループというのを作ってみました。

マザーアースって うちの母は…みたいなかしこまった感じでしょう? だからママアースなんですよ。 グループ、こちらです(^^ 佳かったらおきらくにご参加ください。 (この佳かったら、って、「佳」いう字なんですが 人が土を重ねるってほどくと 金賞、銀…

葉っぱあっての樹なので・・・

snoflinga-and.hatenablog.com 読者登録してくださった方の葉っぱが主役のブログが素敵だったので 私も読者登録しました。 生きたみどりの葉っぱたちや 枯れ落ちたあとに 作者さんの手元で形や色どりが生かされて 新しい物語の主役になる、素敵でしょう(^…

樹とリスのキゴコロ知れてるお付き合い?

先週、こんな記事を投稿しているのですが その続きというか・・・ お題スロット「誰にも信じてもらえない体験」で書いたんですが お題「誰にも信じてもらえない体験」 なので、また今度も、スロットをカチカチして・・・ mamaearth.hatenadiary.jp リスがか…

癒やしって?

ヒーリングワンド っぽいものが出来ました。 癒やしという言葉について 「癒しというのは本来名詞形で使うものではなかった」 という忘れられない言葉がありました。 共感しました。 14~5年前のことです。 が、世の中には、名詞形の癒しや ヒーリングという…

雨の玄関、松の香り。

削りくずいっぱいです。 松の樹皮やヤニがべとつくけど 玄関がいい香りです。 燃えないゴミにださずに 庭で土に返します。

木人(コビト)に想う

木から出てきた子たちを 森に連れ出すのが好きです。 小さなチドメグサが大きく見える(^^ 子どもたちと一緒に こんな時間をもっとたくさん持てばよかったと 今更思うんですが 今からできる人はそうしてください。 大人は子どもと同じ目線にはなれないけど…

キゴコロ

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」 ブログ名の由来 キゴコロ 木の心って あるって思ってる人は少なくないんじゃないかな? 樹に触れて癒されるから。 木が枝分かれするところに なにげなく、ハートを見出してから ハートを彫るのが止まらない。 ハートを彫…

ママアース

お題「ブログ名・ハンドル名の由来」 ハンドルネームの由来① ママアース マザーアースって マザーって、お母さんに言わないでしょう? 日本語だと、うちの母は…みたいな感じ? いつも一緒だから ママのほうがいいかな? かあさん(^^ みたいな近い感じで・…

木漏れ日

キゴコロ日記、作るのはお休み 大好きな木漏れ日の景色です。 紫陽花の季節ですね。 こういう繊細なのもあるんですね。 木陰の大株 思い切り手を伸ばして 木漏れ日のスポットライトが当たるひとえだ 写真を撮りました。 落ちた花もかわいらしいです。 濃すぎ…

ねじねじあみあみ

ペンダントには大きなイヌマキ 翌桧(アスナロ)ともいうけど 明日桧にならなくてもいいよ。 きみはそのままでいい(^^) で、何に使おうか? と、たて穴のサンキャッチャーボールの 下につなげてみた。 この枝を切った時をよく覚えている。 面白い切り口だな…

夢日記・・・みたいな?

今朝、目が覚めたとき、二年近く前のとある合宿の空間の記憶にいた。 夢というか寝覚めの思索というか、どちらともいえない。 キゴコロとして始めたブログはまだ二日目だけれど、ブログチャレンジの項目を埋めるのにちょっと氣合が入っている。 私はそういう…

リスの恩返し?

お題「誰にも信じてもらえない体験」 ファンタジーです。 時々、リスがわたしが彫るものに合った枝をくれます。 そのリスには、椿油屋さんに持ち込むはずだった種を、結局冬中毎日少しずつ上げていて、もともとそんなに拾っていないので、まあいいか、と。。…

コビトさんたち

コビト、とカタカナで打っておくのは・・・ 小人と木人と、両方の意味を心に響かせながら この方たちを語ったり、呼びかけたり、思ったりするからなんです。 時々コビトさんをつくっています。 つくる、にも 作る 造る 創る と、辞書的には上から順にスケー…

電車のない島から…

特別お題「心温まるマナーの話」 by JR西日本 電車や駅のない島に暮らして、かれこれ11年になりました。 たまに島から出て電車に乗るときには、駅や電車の変化に戸惑います。 法事に出席するための10年ぶりの新幹線での帰省、乗車位置をよく確かめずに乗っ…

初お題スロット、我が家のカレー

お題「我が家のカレー」 せっかくなので、お題でブログを書くというのを、まずやってしまいます。 我が家のカレー…今日のお弁当のおかずはカレーでした。我が家の定番中の定番だけど、これがカレーか、と怒られそうな、手抜きカレーです。明日葉どっさり、と…

キゴコロにふれる。

ひとつ、とある試験を終えてから、木を彫るのが加速しています。 そのたび木や、樹のとおしゃべりや、身近な動物たち相手のつぶやきや思い込みが深まるので思い切って新しいブログでキゴコロ部門を始めよう! で、毎日のご飯のようにそれを続ようと思いまし…